ハズム・セカイ

やっぱり大好きでやまない「DEATHNOTE」の「L」の事を中心に、思いつくままに         「Lがいるだけで ワタシのセカイは 変わるよ」

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lがスイーツを食べるのは

バレンタイン?何の事です?…ってくらいにとっくに過ぎちゃいました><
パソちゃんの調子があまりよろしくないのもあるけど、離乳食を一日三回にした途端に忙しくなりました(頭の中が)。

離乳食をあげながら次の離乳食のメニューを考えている自分!作りながら「炭水化物・ビタミン・たんぱく質…」と連呼して確認している自分!暇があれば離乳食のメニュー本などを見て勉強している自分!眠る前に翌朝の離乳食はどうしようかと悩む自分!!

私なりに結構やってんじゃんと思っているけど、時々、泣いて食べないのにミルクを見せると大喜びして美味しそうに飲まれるとちょっと凹む…orz
まぁいいのさ!別に!!

おかげで私と夫の食事の半分は娘の「ついで」みたいなものになっている…^^;えへ
世のお母さん達はみんな大変だったのね。
あぁ、早く一緒のものが食べれるようになると嬉しいな~!!(笑

そして一緒にLのお話をしようね~!!



…そんなこんなな毎日の中でも、考えていた事。
Lは本当に甘いものしか食べない…?て事。

初めて作品を読んだ時は、甘いのばかりを食べるLに結構衝撃的でしたが、

よく考えると、イチゴショートケーキのイチゴって、甘くない…酸っぱいものが多くないですか?気軽に買えるお値段のケーキもちょっと気合を入れてお財布を開けるくらいのケーキも、いずれのイチゴも酸っぱい…^^;

以前私の母が、人から聞いた話だけど…、と言っていたのですが(又聞きで失礼^^;)、あれはケーキを食べるときの口直し的なものらしいです。甘いクリームに甘いイチゴの組み合わせは一見美味しそうですけど、実際食べてみるとかなりクドくなるみたいなのです。確かに私も、はさまれているイチゴの酸味で「ほっ」とし、上に乗っているイチゴは最後の方に食べて口の中を爽やかにさせていました。
決して安いイチゴを使おうとか、材料費削減のためではないんだそうです(笑

…とすると、Lが美味しそうに食べている、あのショートケーキのイチゴも酸っぱいのではないだろうか?もしかしたらLはある程度の酸味は平気なのかな…?


それから私が気になるのは、生ハムメロン。
Lはさりげなく生ハムをよけてメロンだけを口にほうばってましたね^^私個人としても、随分前に一度だけ食べた事がありましたが、あの組み合わせが美味しいとは到底思えません^^;別々の方が絶対いいって!!
で、ちょっと気になって調べてみました。

イタリア料理の生ハムメロンは、イタリア産のメロンの青臭さを無くすために、そして生ハムの塩辛さを緩和するために併せているのだそうです。栄養学的にも理にかなった料理らしいのです。
しかしなぜあんなに微妙な味なのか…?
それは日本のメロンだから、らしいのです。
日本のメロンは青臭さが少なく甘くみずみずしくて、イタリアのものとはだいぶ違うようです。

ってことは、Lは本当の生ハムメロンは食べていたのかもしれませんね。イタリアに行ったときとか。で、日本のメロンを使った生ハムメロンをひと目見て「これは違う」って思ったんじゃないでしょうか。
だからメロンだけ食べた…?

これだけで考えてみると、Lは別に甘いものでなくてもフツーに何でも食べる人なのかもしれません。


じゃ、なんで甘いものばかりを食べていたのか…は、小説版の「L change the WorLd」中の記載が、私の中ではとってもしっくりきます。

…必要に迫られて食べていた。

アニメでも映画でも原作より色んなスイーツを食べていて、一見華やかでカワイイから忘れてしまいそうなのですが、Lが甘いものを食べ続ける主たる理由は、好きだという以上に頭や体を酷使しているからなんですよね~。

作品は違いますが、吉田秋生先生の「YASHA」の主人公、天才少年の有末静(セイ)君もブドウ糖のカプセルをこまめに摂っていました。彼は脳細胞が成長し続けるという体の持ち主なので摂らなければ低血糖を起こして命に係わるということでした。

静君のようにカプセルなどでささっと糖を摂取できれば簡単なのでしょうけどあえてそうしないのは、ワタリの心遣いなのかな~と思います。Lの日常には安らげる時がない。だから、せめて色々なスイーツを出して少しでも安らいでくれればと思っていたのでしょうか。

Lのそこんところは切ないんですけど…、様々なスイーツを調達してくるワタリの優しさにLも喜んでいたと思います。

だから、Lはスイーツが好きなんでしょうかね^^




↓以降はLじゃないことをちょっぴり。

≫ Read More

スポンサーサイト

| | 15:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誰かの痛みを想像出来たら

8ヶ月の娘は今、つかまり立ちや色々な物を触りたがる頃で、毎日リモコンや携帯などを掴んで振り回しては床にゴトンゴトン落としまくっています。

昨日の夜、娘は夫のあぐらの上に座ってDVDのリモコンをいじっていました。
そしていつものようにゴトンと落としました。たまたまリモコンのフタがパカッと開いたので、私と夫は何気に「あーあ」と口を揃えたように呟きました。
すると娘は、眉をハの字にし目を見開き顔を真っ赤にして、みるみるうちに大声で泣き出したのです。
空腹の時でも甘えたい時でも痛い時でもない、今まで聞いたことの無い泣き声で。
フタが開いたのを壊れたと思ったのか、まるで「ごめんなさい」と体全体で謝っているかのようでした。


普段私は、娘が物を落とす度に「○○(娘の名前)だってゴチンってなったら痛い痛いでしょ?リモコンさんや携帯さんもゴチンてしたら痛い痛いなんだよ。」と話してました。
内容が通じているかわかりませんでしたが、いつも何にでもなるべく簡単な言葉で説明してました。

それを理解していたのか何なのか(いや、「理解」は難しいか?)、大粒の涙を落とし泣きじゃくる娘がかわいく愛おしく思えました。ここ何年も、これほど純粋な心を見ることが無かったです。私と夫の汚れきった心(笑)を洗い流してくれたような気がしました。
親バカだなーと思ったでしょ?でもいいの^^

娘には誰かの痛みを理解しようとする事が出来る人間になって欲しいです。それが必ずしも分かり合えるとは限りませんが、でも大切な事。



ライトって幸子さんにどういう風に育てられたんだろう?幸子さんは総一郎さんに見初められて結婚したのだから、きっとしっかりしていて且つ優しい「母親」なのだろうけど…。
そして総一郎さんは忙しい中、ライトとどう向き合っていたんだろう?
どちらもライトのことを「いい子」と信頼しきっていましたね。だけどさ、両親がどんなに「いい人」でも、必ずその子供が「いい子」になるとは限らないんだね~;;
特に原作のライトは人として一番肝心な、相手の心を想像できないでいたと思う。なんだかんだ言って、自分の世界しか考えてなかった。



泣き止まない娘にリモコンのフタを閉めて「ほら大丈夫だよ」と見せて抱っこしたら、ようやく落ち着きました。
あとはいつものように遊んでました。




…親の言動一つで子供の育ち方って変わるんだろうな~、と思ってみる今日この頃。

| ひとりごと | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マットにおめでとう!

誕生日おめでとう!マット!

マットって、Lの後継者として一番になるつもりはなかったんだろうと思ってます。それならメロと組もうとはせず、単独でキラを捕まえようとしたりしたはずだし。
そんな事より、ニアやハル達とは違った角度からメロを見ていて、頑張り突き進む彼を手伝いたいと思ったのでしょうね。
メロが立派にやり遂げる所を見たかった。

もしかしたらメロの事を一番に知っていたかもしれないな…。そしてメロもマットの事を信頼していたんでしょう。
いーなー、そういう男同士の絆みたいなのって^^


登場シーンは少なかったけど、とてもいい子なんだと思います(おばちゃん目線だな^^;)



ボーダーのTシャツを着る度に着ている人を見かける度にマット、あなたをを思い出すんだよ!!
おめでと!マット♪♪

| ワイミーズ | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。