FC2ブログ

ハズム・セカイ

やっぱり大好きでやまない「DEATHNOTE」の「L」の事を中心に、思いつくままに         「Lがいるだけで ワタシのセカイは 変わるよ」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニアに誕生日プレゼントをあげるなら

本日はニアのお誕生日です☆

☆★☆★ HAPPY BIRTHDAY!
                    NEAR!! ☆★☆★





もし、ニアにお誕生日プレゼントをあげられるなら、
一体何がいいだろうと考えてみました。





******************



…自分の誕生日に合わせて、Lから届いたプレゼントの箱を開けてみる、ニア。
中には小さいロボットのおもちゃが入っていました。
「はぁ…、子ども扱いですか…。」

Lからのプレゼントに嬉しくないわけではないのです。
でも、毎年おもちゃばかりを貰うニアは、
なんとなく自分の事をわかってくれていないようで
さすがに今年はがっかりしてしまいました。


その時…。
「ニア、誕生日おめでとうございます。」



ニア誕には…。

Lの声と共に後ろからむぎゅっと抱きしめられたニア。

「わ!何ですか、L!!」
「ちょうど時間が空きましたので、あなたの顔を見に来ました。」
「…『あなた』ではなく、ワイミーズの『みんな』の間違いじゃないですか?」
「…ばれましたか。でも、大切なあなたにおめでとうと言いたくて
来たのは本当ですよ。」

「どうでもいいですが…L、恥ずかしいので離れてくれませんか。」

…いや、違うのです。
本当はとても嬉しいんです。
でもニアは、自分はもう子供ではないから、
素直に笑顔なんて、作れないだけなんです。

「ニア…。人は産まれた直後に、
親に愛情を込めて抱きかかえられます。
だから、誕生日に誰かに抱きしめられることは
とても幸せなことなんだ、と、私は思っているんですよ。」


ニアは自分が生まれてきた意味について考えたことがありました。
親と離れ、常に比較され、一体何のためにここにいるんだろう…と。
だけど、Lの言葉で答えを見つけた気がしました。

今日、この幸せの瞬間のために、私は生まれたのかもしれない。



…でも、だからと言って、
素直に笑顔で抱きしめられるのも癪だと思ったニアは、
やっぱりふて腐れた顔をしてみました。



私の背中が意外と温かいです。
L、あなたのやさしいぬくもりです。
たまには誰かに抱きしめられるのも、いいですね。

「L…、大変申し訳ないのですが、
暑いのであまり強く抱きつかないでもらえますか。」

「……ふふ、かわいくないですよ。」

「………。」



もう子供じゃないって言うのに、ますますおもちゃを
手放す事ができなくなった、ニアでした。





*****************


デスノ読みきりの番外編では、ニアメロ達は直接Lに会った事がなかった
ようですが、せっかくの誕生日ですもん、ついついLにむぎゅっとして
もらいたくなりました。
それで急遽、拙いですが、かなり久々にお話を書いてみました♪

おめでとう、ニア!




書き終えたお話を読み返してみたところ、
「コレ、ニアじゃなくて女の子に換えたら、甘いカップルみたいじゃないか!」
と、ついニヤニヤしてしまいましたww

(ごめんね、ニア!)





| 絵ものがたり | 17:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

わぁ~。とても幸せな気分になるイラストと
お話です~。ニアの誕生日がとてもHAPPYになって
本当に良かった(^^)

ニアもメロも「ツンデレ」ちゃんですよね、きっと(笑)
二人ともそこが可愛いんですけど☆

Lは、ちゃんと小さい頃にワタリに抱っこしてもらったのかな?
なんてちょっと心配になったりして・・・。
でも、自分がしてもらった事だからニアにも出来るんですよね。
だから、Lもワイミーズハウスに来てからは
幸せな誕生日を送っていたと思っています☆

| 真優美 | 2009/08/25 21:47 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます☆
設定が違いますが、ニアに少しでも幸せを感じられるような誕生日を
プレゼントしたくて!

二人ともかなりのツンデレちゃんだと思いますよ~^^
間にいるマットは、それをちょっと面白がっていたりw

そうですよね、Lはワタリと出会う前を含めて、どうだったんでしょうか…。
でも私は、少なくともワタリは愛情込めてLを育てていたと信じていますよ。
でなければ、危険で多忙な毎日を二人三脚でやってこれないはずですもん!
きっと特別な日に限らず、Lは毎日抱っこしてもらっていた
んだろうと思っています^^

あ、そうなんですよ!実はLがワタリからもらったであろう愛情表現を、
今回ニアにも感じてもらうことで、Lのあったかい思い出もちょっとだけ
描けたらな…と思いながら書いてみたんです♪
愛情の連鎖なんです^^

| ルン | 2009/08/26 16:55 | URL | ≫ EDIT

☆はくしゅのお返事です☆

♪まろさんへ♪

ご無沙汰してます☆
えぇ?ブルーなイベントって何だったんでしょうか?気になります^^
そのような中、一つ一つの記事にはくしゅコメントをありがとうございました!
まろさんからサプライズプレゼントをいただいた気分です♪♪

あ、それ見ましたよ!めっちゃめちゃかっこいいですよね、LNMM!
(あとの二人はどこへ行った)
Lは勿論文句なくかっこいいんですが、ニアのクールな表情にも
見とれてしまいました^^
あれを作られた方はすごいっす><

番外編で、ニアメロとLは会った事が無い…ということで
設定は決定になったようなのですが、私、番外編出るまでず~っと
「会っていた」若しくは「LがLと名乗らずにハウスに来たことがある」
と勝手に思い込んでいただけあってか、ついそのイメージで
妄想してしまうんです^^;(癖??

でもLと会った事が無いニアメロ達が「Lってどんな人なんだろうか?」と
考えたり話し合ったりしているのもいいですね~♪
話しているニア・メロ・マットのすぐ目の前を通り過ぎようとしている
猫背の男が、そのLだと気づかずに…(笑

| ルン | 2009/09/18 16:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://fujikuralung.blog110.fc2.com/tb.php/290-34ece0af

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。