FC2ブログ

ハズム・セカイ

やっぱり大好きでやまない「DEATHNOTE」の「L」の事を中心に、思いつくままに         「Lがいるだけで ワタシのセカイは 変わるよ」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

負けないです、ズギューンです…BAKUMAN。4巻

4巻が出てから一ヶ月が経とうとしています。
ようやく感想載せます^^;あはは~

ちゃんと発売日の数日後に買いましたよ!
ココは遅めでいいんだと思っています。
だって、Lがメインなんだもんw

大した事書いていないですが、一応続きを読むところに載せました。
内容を知りたくない方はスルーでお願い申し上げます。

…もし、デスノでこちらに来たよという方には申し訳ないのですが、
大場&小畑コンビ繋がりと言うことで、どうぞお許し下さい☆







…さて、今回も楽しく一気読みしちゃいました(また時間かかったけどw)。
サイコー達の勢いがすごくって、圧倒されまくっていました^^;
執念というか…、想いが強い人程、どんな夢にだって近づける可能性は高いんだ、と
改めて感じました。


金未来杯の作品は、4作品とも小畑先生お一人が描かれたんですかね。
どの作品もテイストが全然違うのに、どれもが小畑風を感じます。
なのに絵がみんなプロっぽくなく、意図的に2・3歩下がった、若い新人さんちっくな
絵にしているところが、逆に小畑先生の技術が、いかにハイレベルで凄いかを
物語っているように思えます。


この巻では、エイジくんはちょこちょことしか出てこなくてちょっと残念でした。
…が!一コマ一コマがいちいち可愛いですね^^
私にとっては、やっぱりLが一番なんですけど、
そしてエイジがLを超えるところまでは来ていないんだけど、
原作者のお二人に可愛がられているのは確かなのでしょう☆


ところで、蒼樹さんといい岩瀬さんといい、大場先生はこのタイプの
女性を出してきますね~w
高田清美の感じがタイプだとおっしゃってるようですが…、
もしかしたら、先生は純粋にツンツンな子が好き、というよりも、
むしろこういう女の子を観察しているのが楽しい…と思われている
ような気がしてしまいます^^

それより、ちょっと、今のところ個人的に「う~ん^^;」なのは見吉さんかな~。
いい子なのはよ~くわかるんだけど、自分の気持ちを前面に出しすぎ…
というか、干渉しすぎ?
「え~、シュージンはこういう女の子がいいんだ~」なんて思っちゃう^^;
…すんません。


それから、中井さんにはどうも笑ってしまう、私。
蒼樹さんに自分は足がかりとでしか思われていない、と全く気づかない
どころか、出来れば夢も彼女もどっちも…みたいに
舞い上がっちゃっているところが、なんともかわいそうで…^^;

特に「30ページ」、中井さんが蒼樹さんに電話をかけるときの、あの間!
「はー」とため息漏らしちゃっている一コマがww
だけどね、蒼樹さんの存在で力を出している事も事実。
真面目で一生懸命ゆえに、滑稽に見えてしまうんですね。
十代のみんなに負けないで頑張って欲しいです!


サイコー達の他に夢を叶えたくて頑張る少女、亜豆。
スタート時は亜豆の方が早く叶いそうな感じはしたけど、
世の中、そう簡単には上手く運ばないですね。
現実は厳しくてキレイな世の中ではないんですよね。
これからどうしていくんでしょうか、彼女…。


| BAKUMAN。 | 01:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

☆はくしゅのお返事です☆

♪まろさんへ♪

4巻はエイジ好きにはちょっと寂しい巻でしたね><
そんな中、出ている一つ一つの表情がみんな愛らしいと思えてしまう(笑

ようやくサイコー達がエイジと同じステージに立てたので(まだ入り口ですが)、
なかよしこよしな雰囲気は無くなる…と思いますね。
漫画作品そのものに勝ち負けは無いですが、漫画家同士の熾烈な競争なので
エイジの発言が復活しちゃうこともあるのでしょうか…?
でもあの発言の後、エイジも沢山の漫画家とそのたまごちゃんを見てきたはず
なので、再度言うことは無いだろうと願っていますが…^^;

なんだかんだでサイコーは亜豆の都合いいように
試され振り回されているところがありますよね^^;
これが普通の女の子だったら、サイコーはこれ程寂しい思いをしなかったし、
何よりも、相手がサイコーじゃない男の子だったらこういう恋愛は
確実に続かないんじゃないでしょうか。
…少々きつい言い方になっちゃいますが…、
ああいうのって果たして「恋愛」って言えるのかな? …なんて。
その点で私は、それも恋愛だと思わされてしまっているサイコーが
ちょっとかわいそうに思える…^^;がんばれ~。

見吉さんの、ああいう感じで首を突っ込みすぎなのが苦手なんですよ^^;
私が彼女の友人だったら、夢にしろ恋愛にしろ「ちょっとほっといてくれ~!」と
言いたくなってしまうのです…。

| ルン | 2009/09/18 17:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://fujikuralung.blog110.fc2.com/tb.php/292-3428878d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。