FC2ブログ

ハズム・セカイ

やっぱり大好きでやまない「DEATHNOTE」の「L」の事を中心に、思いつくままに         「Lがいるだけで ワタシのセカイは 変わるよ」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女の子は幸せになるために生まれてくるのだと思います。

misamisa


↑ちょっと前に、無印のらくがき帳に描いたミサミサです。
全然似せる気が無いまま描きましたw
これ、ミサミサだって言わなけりゃ~、そしてこの髪型でなければわかりにくいよね^^;
(クリックしてみると、思いのほか大きいです。)


お気に入りの通販雑誌で某モデルさんがかっちょよく写っているのを見て
下着の色合いも可愛かったし、それを見ながら描いてみたのですが…

鉛筆描きの、モノクロじゃないか!ww

またもやわかりにくいですね、ハイ^^;


ブラのカップなどは白黒のボーダーで、要所要所のリボンなどは真っ赤!
商品じゃないけど黒革の手袋も、この格好にピッタリでいいっす><

この雑誌(P*J)、可愛くてかっちょいい下着や小物、お洋服が
沢山載っていて、眺めているだけでも楽しいですね。
…とか言いながら、眺めているうちに時々ついつい、購入してるしw

モデルさんは堂々と立っていましたが、ミサミサには上半身を前に
ちょっぴり倒してもらいました。
そのほうが何だか彼女っぽい気がする。



どうでもいいけど(←)、ミサミサって、物語の後半に行くに従って、
月に対して露出度高くなっていってましたよね。

自分でも…、周りからも可愛いって認められているってわかっていたはずなのに、
なんであそこまで頑張っていたんだろう?
(月の性格からしたら、頑張る方向性はちょっぴりずれている気もするけど。)
もっちーもんちっちーが驚いていたじゃないか^^;

人気女優なのに、一人の男にちょっとでも気に留めてほしくて頑張るミサミサ…。


それ程までに月に相手にされていなかった表れですかね。
月にとってミサの存在は死神の目と自らの保身のためだけ。
きっと彼女はわかっていたはずなのに、辛かったはずなのに
どうして離れなかったんだろう。
どこまでも一蓮托生なんだって決めちゃっていたのかな。


彼女の最期は、月の最期を知って悲しさのあまり…って見えるけど、
私もそう思っていたけど…、
もしかしたらもっと深い意味があって…、最後は自分なりに罪を償わなきゃとでも
思っていたのかな。

原作では描かれていない部分なので、全ては私の憶測ですが。



いつも明るくしているだけに、不幸な女の子です。






| デスノ・他キャラ(イラスト) | 00:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/09/19 19:39 | |

☆コメントのお返事です☆

Mさん、こんばんは~☆
(鍵コメなので、一応、お名前を伏せさせていただきますね。)
いえいえ、一つ一つの記事を読んでいただいて、更にコメントもいただいて
本当に嬉しかったんですよ!
こちらこそお気を遣わせてしまったようで、本当にすみませぬ><

そうだったんですか~。私も昔、無理やり受けさせられてました~。
しかもその資格は職場内でしか通用せず、本来実践でなんぼのものが
ペーパーで出てくるので、もう嫌で嫌で…^^;
Mさんはずっと頑張ってらしたんですね、大変お疲れ様でしたm(_ _)m
もうね、今はパ~っと忘れちゃいましょう^^♪
博物館…思い出しました。そういえば聞いた事がありました。
今、HP見て来ましたが、なかなか面白そうなところですね^^
私の住んでいるところからは、(当然ながら)かなり遠いですけど、
いつか行ってみたいです~。

カムイ外伝…!わ~!それは惜しい事をしましたね~><
凹んでしまうお気持ち、察します~っ!(確実に私も凹むと思います;;)
だってだって~、もしかしたら会えたかもしれないんですもんね!!
でも、きっとまた新しい作品の時に来てくれるかもしれません。
だって、松ケンは本当に沢山の映画作品に出ていますもん!
次こそチェック・チェック!ですよ^^

重いテーマなりに色々ありそうですが、でもいい作品のようですね。
私は小雪さんも伊藤さんも佐藤さんも…みなさん大好きなんです。
更に松ケンがかっこいいのなら、私も一回は観に行かなければ…!

ミサミサの挑発はいつも空回りしていましたよね^^;
「とりこというのは、やっかい」と、ニアも言っていました。
ちょっと可哀想な気もしちゃいますが、あのミサミサ、可愛いですよね^^
私もあのCMは観たかもしれないけど、記憶に無いと言う…(育児マジック)。
夫が知っているので、私も一緒に観ていたはずなんですが…^^;

ものすごく奇遇だなと思ったんですが、実は私も…なんですよ!\(^o^)/
「流 星 の 絆」のときにちょっとだけ気になってはいました。
…で今回、Mさんに教えていただいた、そのドラマを観ていて、
やっぱりいいな~…なんて♪
今度、山○ファンの友人からDVDを観せてもらおうかと企んでいます(笑

あ、お気持ちが軽くなられたようでよかったです~^^
ここでもちょっとは役に立つ事がありました(笑

| ルン | 2009/09/22 01:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://fujikuralung.blog110.fc2.com/tb.php/295-f11d9c8b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。