FC2ブログ

ハズム・セカイ

やっぱり大好きでやまない「DEATHNOTE」の「L」の事を中心に、思いつくままに         「Lがいるだけで ワタシのセカイは 変わるよ」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lはファイター

先日の日曜、以前、私と一緒に仕事をしていた男の子の
結婚式に行ってきました。
夫も彼と友人なので夫婦参加さ^^
娘は私の実家に預けたさ。

やっぱり結婚式はいいね!そこかしこに幸せオーラが溢れてる!

私…何気に初めて受付をやったんですが(夫も受付)
色んな人と久々に挨拶できて懐かしく楽しかったですw

花嫁さんはとっても綺麗でした。
式って、何度見ても感動します。

披露宴のスライドショーでは、
夫の面白写真と私のふざけた写真が流れて、びっくらしたよw
しかも夫の写真が出た瞬間、職場関係のテーブルが
みんな爆発したように笑ってた^^;



…超シャイな友人が(前の恋でも私が何度ヤキモキしたかw)
あの可愛いお嫁さんには積極的だったみたい♪
彼は終始ニヤニヤしっぱなし、そして最後は涙を流していました。
男の涙には、こちらもウルッときましたね。

結婚までにたくさん頑張ったんだもんね!
おめでとうおめでとう。幸せになってね!




さて、続きには、タイトル通り「Lとファイター」としまして
私のグダグダ文を携帯使って書き連ねています。

前回書き忘れていましたが、今月はL誕月なので
Lのいいとこ好きなとこを、色んなお題を通して書いていきます。
(更新頻度を考えると、幾つ書けるかわかりまへん)

前回は突然あんなテーマから始めてしまい、すみません;;

いつも一言足りない私で申し訳ないです。
そんなこんなでよろしくお願いします~。


それでは、お暇な方はどうぞ~☆









Lには魅力の引き出しが沢山あります。
魅力が数多くあるゆえに生じる、ギャップについつい惹かれてしまう私は
だからこそ、虜になっているのです。



「世界的名探偵」らしくない風貌。
男の人なのに、あそこまで超甘党
(男の人に甘党が決していないわけじゃないけどさ)。
運動してなさそうなのに、テニスがイギリスでジュニアチャンピオン。
カポエラなんかもやっちゃう。

カッコいいのに可愛い。
可愛いのにセクシー。
セクシーだけどクール。
クールなようで優しい。

実はめちゃくちゃ凄いのにいつもさらりとしているところ。
(そこがまた凄いのだね。)

そして、強い!


そんなLの事を、私はファイターだと思うのです。
ドラクエで言えば戦士と武道家を併せ持ったバトルマスターのような。
いや、実際に剣を持ったりはしてませんけども、雰囲気として、ね。
(蹴りはかましてますが)



まず、私がLが出て来るシーンのあちこちで、毎度ドキドキするうちの一つは
心理戦の中で度々出る、Lのモノローグ。


普段、ワタリ以外の人達に対しては丁寧な言葉を話しているのに、
心の中の言葉(モノローグ)では深く冷静沈着、
しかし時に激しく鋭く考えていることがありますよね。

口では「ライト君」と言いながらも、心の奥底ではあくまでも
「夜神月」と客観的に容疑者として考えている。

他の人に対しても、
内心では「弥」と呼んだり、ついつい「松田(のばか)」
と実際に声に出したりしてしまうときも。

私の中でLの心の声は、口にしている言葉よりも一段階低いイメージがあります。

戦う男の声って、素敵ですよね!
アニメで勝平さんがLの声のトーンを少し変化させていただいてたのが、
初めて聴いたときは嬉しかったな~。
(リアルタイム放送地域じゃなかったから、
数日遅れでとある所で観てた頃が懐かしい…w)


それから、相手の懐に素早く斬り込んでくるところも、ファイターです。

センター試験会場に赴いたり(ライトのちょい後ろで受けてるし)、
「私はLです」と言ってみたり
月を捜査本部に入れてみたり…等々。

Lをあまり知らない人は、Lの事を「安楽椅子探偵」
なんて呼んだりするけど、大きな間違い。
Lは、必要とあらば自ら動き回る男なのにね!


自分が動かないときってのは、
動いた事で万が一、危険にさらされて
最悪自分がいなくなってしまった場合、
その後の凶悪犯罪抑止の面を考えてるからじゃないかと信じてます。
「L」って存在は、それだけ大きな影響があるんですものね。
(ライトに関しては、上記のように
つい危険を承知で近づいたりもしたけどね。)


もしかしたらLにとって「しぬのが怖い」という感情があるのは、
もっとずっと後の方に…、
ひょっとしたら、オマケ程度な順番かも、と思っちゃいました。
…どうなんでしょうね。


数多くの事件を見てきて「恐怖」を知っているからこそ、
その感情を越えた所で頑張ってるのかな…。
だけど、怖くない訳はないと思うんだ。



…それにしても、Lはキラ事件の前にも沢山の事件を扱ってきて
その度に現地の警察や捜査する人間と協力しようとして、
でもやり方や体制で思うようにできない、という事は
しょっちゅうだったんじゃないか、と思います。日本でもそうだったように。
人間対人間だから、仕方ないとはいえ
環境や考え方の違う人間と折り合いをつけて協力しあうのは、
容疑者確保並みに難しい壁なのかもしれません。

闘うだけでなく、そういった困難もくぐり抜けてきたLは
本当のファイターなのかもしれません。




…昔、私が仕事で辛いとき、やるせないときに
必死な思いでLの姿を思い出していたのは、

思い出す事で癒されるというよりも、
この状況をどうしたらいいのか、Lだったらどうするのか
ク ラ ー ク博士像の如く、Lがビシッと
指し示してくれる方向を見てみたくて、
それで思い浮かべていました。

Lの強さを少しでも感じたかったのです。


今もそれなりに大変なことはありますが、
私の中のLはいつも穏やかにいてくれます。



激しく強いだけじゃなく、穏やかで優しくもある。
なんて素敵なギャップ。


そんなLも大好きなのです。

| | 16:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

☆はくしゅのお返事です☆

♪おくさるさんへ♪


ご無沙汰しております~!
ここのところずっとおくさるさんの所へお伺い出来ずにいましたので
遊びに来ていただき、嬉しいやら大変申し訳ないやらで…。
(ただ今、我が家のパソコンが使いづらいので、
代わりに携帯でこっそりお伺いしてはおりました~。)
でもでもとっても嬉しいです!ありがとうございます♪

Lは自分のセクシーさに本当に無自覚ですよね。
(もしもあれが全て計算ずくだったら…凄すぎですよねw)
ライトのVネックがわざとらしいと思うくらいに、
アチコチから自然と溢れ出ていますね~。

私も、これまでいくつか漫画などのキャラにハマってきましたけど
Lほど、熱く長く強く好きになったキャラっていません。

きっと、単にカッコいいとかセクシーとか…、一言では言い表すことが出来ない、
沢山の魅力を持っているからなんですよね。

これからも、そんなLのことを大好きでいたいと思います。

L~、大好きだー!!
(私もおくさるさんと一緒に叫びますよーっw)

| ルン | 2010/10/23 00:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://fujikuralung.blog110.fc2.com/tb.php/370-86592765

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。