FC2ブログ

ハズム・セカイ

やっぱり大好きでやまない「DEATHNOTE」の「L」の事を中心に、思いつくままに         「Lがいるだけで ワタシのセカイは 変わるよ」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GANTZ観たよ!

やっと20日にGANTZを観てきました~。

そして、やっと記事書きました~。


20日は1000円DAYでしたので友人と2人、朝イチで行きました。


観ている間、私は両手・両足にグッと力を入れ続けていたので、
観終わった後しばらく、少し手足がガクガクしてました。
隣にいた友人は力みすぎて、足を爪先立ちの状態にして座ってたそうで。
さらに翌日背中が痛かったそうで。
まぁ、その位、びくびくした映画だったのよね。



私達の後ろに座っていた中学~高校生位の女の子2人が、
普通にテレビ観てるみたいに終始しゃべり続けていたのが
(微妙に小声だから響く)
とにかく気になって仕方なかった…。
よっぽど一言言いたかったですけど、少しでも映画を観たかったしガマンしてました。
こちらが席を立たないと顔見えにくい位置だし。
例えこういう方々に何か言ったとしても、素直に聞き入れてくれたかな…。


自分の子供には、そういう恥ずかしい人間に決してなって欲しくないな…。

おばちゃん発言ですみません。




そんなこんなでしたが、感想は続きを読むところに。
内容をあまり細かく書かなかったつもりだけど、
一つたりとも情報を知りたくない方は、見ない方がいいかもしれません。



ではでは☆













まず始めに書いておきたいことです。
…映画の中に小さな子供が出てきた場面は、どうしても嫌な気持ちになりました。
もしかしたら原作の方が表現がきついのかもしれないし
ああいう世界だから仕方ないかもしれないけど、
毎日同じ年頃の子供と触れ合ってるからでしょうか、
はっきり言って少々気分悪かったです。
だって、みんな平等に救いが無いんだもの。
いや、子供の方が怖いよ。訳わかんない所に放り出されて。
(GANTZ初心者が偉そうにすみません。)


原作ファンですべてを受け止めて楽しんでる人もいるはず。
映画で初めて触れて、特に気にならない人もいるではず。
でも、私は気になったんです。

自分のそういう感覚は、誰が何と言おうと大事にしたいと思っています。

この映画って、単にカッコいい!とかハラハラする!ってだけじゃなくて、
観た人それぞれが、どこかの場面で
もやっとした嫌な感覚を持ってしまっても仕方のない作品なのかも。
でも、一瞬たりとも目が離せないというのは、それだけすごい作品だからなのかも。


得体の知れないモノに支配されている恐怖を
登場人物達と一緒に感じていた気分です。


だから、しばらくはリピできないっす。


だけども…だけれども…、

本当に、本当にすごい作品!
アクションも人の心もよく表現されていたと思いました。


…何年か前だったか、確かにのくんが
「観た人の心の中に何かしら爪痕を残すような演技をするよう考えている」っておっしゃっていたような。
「硫 黄 島 か ら の 手 紙」の時期だったでしょうか(記憶曖昧ですみません)。



まさしくその通りに。


松ケンとにのくん達は、私の心の中に爪痕を残すような素晴らしい演技をされてました。


目を反らさず頑張って観て、良かったです。



もうね、松ケンかっこよすぎる!
びびりっぽく見られがちなんだけど、でも優しくて強い男の子に、見入ってました。
誰かを守りたいという気持ちがとっても強いのです。
全然ね、弱虫なんかじゃないですよ!
GANTZ球!お前の目は節穴か!!

誰だって、あれが(ねぎ星人の辺りとか)現実だと突きつけられたら
…普通の感覚なら、体も頭も動けませんてば。

後半、スーツに装備されていた剣を出した瞬間、
私の全身がビリビリ電気が流れたようにしびれました!
きゃーっっ!加藤君……松ケン!!
めったくたカッコいいーー!><

夏菜さんと2人で夕日を浴びながらのシーン、
最後に、もの悲しげにほんのりと笑顔を見せてくれた瞬間も
私の心は撃ち抜かれたような気持ちになりました。

松ケン万歳!(←w)




にのくんもかっこよかったです!演技もやっぱり良かった~。
何度も戦ううちに、色々考え方が変わっていく中のちょっとした動きの変化
…目や口元の微妙な変化とか細かい所が、すごいと思います。

今までに無い「力」を手に入れてしまった後の様子が
どことなく…のび太的にも感じちゃった(すみません
でも、彼なりの大きな成長を見ることができました。
あの気持ちを胸に、後編はどのように頑張るのでしょうかね!


他の出演者の方々も素晴らしかったです。

ちょっぴりムカつく感じの男の子の役をされた、本郷奏多くん。
仙台出身なんだそうで、以前から陰ながら応援してました。
夏菜さんは、今まで私は存じ上げませんでしたが、
体張って頑張ってるし、とても可愛かったです。
玄野君が気になっちゃう訳ですなw





ま、そんな訳で



4月の後編も観ちゃうよ!!

| ひとりごと | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://fujikuralung.blog110.fc2.com/tb.php/386-25c63ad0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。