ハズム・セカイ

やっぱり大好きでやまない「DEATHNOTE」の「L」の事を中心に、思いつくままに         「Lがいるだけで ワタシのセカイは 変わるよ」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アニメDEATHNOTE 第37話 観ました

ようやく観れました。
実は昨日の夜中に観たんですが、終わった後、色んな思いとかが溢れてきて、しばらく眠れなくなってしまいました。

凄かった…。
よい所も、そうとは素直に言いにくい所も。

そして、まず感じた事。
どうして月は
多くの人にあんなに愛されちゃってるんでしょうか?

私は完全なL好きなので(特に原作の)
言いたい事が山ほど出てきそうな気が…(汗

↓以下、色々と書いてありますので…。




まず中盤まで(倉庫内の事色々)に関して思ったこと。
キャラ別で書いてみます。


=ニア=
原作での名言がどんどん出てきて、とにかくドキドキしっぱなしでした。
特に、「メロのおかげです」
そしてこの後、ニアが言った言葉
「メロは、わかっていたんです」
…偶然ではない、と。
メロは死ぬ覚悟で高田を拉致した、ということなのでしょう。

原作ではニアに「…そこまで考えが及んでいたとは思えません」と言われ、メロの行動の真意が、結局はっきりしませんでしたが…

メロ、最後の最後に「男」があがったんだよ!アニメではニアが認めてくれたよ!!
んで、マットの死もこれでちょっとは救われたよっ(涙
二人の死は、無駄じゃなかった!
あの台詞は、ニアとメロの他人には見えにくい「絆」というものを、ビシッと見せつけてくれたように思えました!

続く「二人ならLに並べる、二人ならLを越せる~~言い逃れてみて下さい」
この辺り、ちっちゃなニアがこんなにもかっこよくて、頼もしい子だったんだ!と強く心を動かされました。
ニアは、よくやってくれました(泣
かっこよすぎるよ、ニア~!

ニア役の日高のり子さんも本当にスゴイ。
声の抑揚をあまりつけないようにし、低めトーンを保ちつつも、心の奥底にあるニアの熱い感情を上手く引き出していて。
とても良かった!ただ、ニアはニアの「正義」のもとで戦ってる、といったところの台詞が抜けていて、ちょっと違和感を持ちました。
そしてそれは、後半部分のオリジナルストーリーの方に、少しかかっているような気がします…。

=月=
すんごい動きがハデでした(苦笑
皆、近くで話を聞いているのに、舞台役者並みの腕の振り&ポージングで。
やっぱり私は完璧なL側だからかな。
申し訳ないけど頑張れとかなんて、到底思えないの。

月役の宮野真守さんの演技にも聞き入ってしまいました。
今回は更に、これでもかって位に月が壊れていく凄まじい様がビシビシ伝わってきました。
私、声優さんのこととかあまり存じ上げないのですが、宮野さんに月を演じてもらって、本当によかったと思っています。


ここまでとりとめなく、つらつらと書いてはみたものの、ここから例の後半部分を書いてしまうと、とんでもなく長くなっちゃうかもしれないので(汗)、一旦、この辺りで止めておきます。

また、そのうちにでも……(苦笑

| DEATHNOTE[アニメ] | 23:23 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑















非公開コメント

http://fujikuralung.blog110.fc2.com/tb.php/4-d03b6db0

(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第37話 「新世界」

DEATH NOTE Vol.8月の呼びかけにより、魅上がそこに現れた。彼は、デスノートにニア達の名前を書き込んだと言う。月は勝利を確信し、勝ち誇ったかのような笑みを浮かべた・・・。

| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/07/28 04:37 |

(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第37話 「新世界」

DEATH NOTE Vol.8月の呼びかけにより、魅上がそこに現れた。彼は、デスノートにニア達の名前を書き込んだと言う。月は勝利を確信し、勝ち誇ったかのような笑みを浮かべた・・・。

| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/07/28 04:38 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。